2012年03月09日

「水の都」で使ったオカリナについてなど

先日投稿しました『水の都』の演奏してみたで使用した
オカリナのことについて書きました。


ご本家:toyaさん作詞・作曲『水の都』

寂しげで透き通った雰囲気に包まれた、とても綺麗な曲です。


投稿したもの:




今回は鏡音リンレンの誕生日のお祝い動画ということで、
二人にちなんで黄色いオカリナ2台での演奏してみたをうpしました。
このオカリナは動画説明文の通りメーカーもランクも同じ機種で、
音域も同じF管、色も黄色の同系統、
そして指穴の数だけ一つ違っています。
この「黄色」のオカリナが2台手元に揃ったのは
実は全くの偶然でした^^
といっても、単に注文と違う色が届いたというだけの話なんですがね。

今回使用した2台のうちの、リンパートで使った11穴のオカリナの方は
前から持っていたもので、音色は気に入っていたもののより音域の
広い12穴のものが欲しいと思いネットで1台注文をしました。
その際、色については見分けがつけばおkという事で
適当に選んだんですが、しばらくして届いたのは
商品ページの写真を見て選んだ色とはまったく違った、
どうみても黄色としか言いようの無いオカリナだったのでしたw

で、交換頼もうかとも思ったんですが、まあいっかという経緯で
2台の黄色いオカリナが揃いました。
黄色が二つとくればまず鏡音曲を吹くしかないですね当然ですね。

曲選びは前からよく聴かせていただいていたtoyaさんの
『白と黒の系譜』と『水の都』でかなり迷ったんですが、
オカリナの音色が合う方ということで『水の都』に決めました。
そしてここまでが一昨年の秋だったかの話です。
一昨年……誤字ではありません。

実は今回のうpは遅刻も遅刻、本当は2010年の鏡音誕に
うpしたかったものだったんですよ…!
リンレン、マジすまんかったorz
これほど遅れるとはなんともはやですが、
遅れた分コンガが増えました(ドーン

えー、話は変わりますが、オカリナのピッチについて。
お気づきの方もみえると思いますが今回はピッチが
正規のものより高めになっています。
これについては理由がありまして、
オカリナを吹かれる方はあれっ?と思われたと思いますが、
本来F管では、あの曲の最低音を出すことはできません。
それを裏技(冷蔵庫で冷やす+暖房の無い部屋で録音)
を使って低くしてなんとか出るようにとやってみたんですが、
出し切れず全体的に高めになってしまった
(しかもいつもより不安定)というわけですorz

しかしまあ自分で言うのも何ですが曲のオケとは
当初予想したよりは違和感無く調和できたと思いますし、
キー変更せずこういう方法をとったのは成功だったかなと。
この曲については、選曲する前からかなり長い間聴いてきていたので、
原キーが耳に馴染んでいてキー変更は
なるべくしたくなかったんですよね。
この裏技のオチとしては、長時間寒い部屋で
冷蔵庫開け閉めしながら録音したので風邪を引きかけましたw

それから最後にもうひとつ。
この曲のサビの部分は、あの綺麗な旋律の流れを
途切れさせたくなかったのでブレス無しで吹いています。
16小節くらいでしょうか、結構長くて肺活量ギリギリだったので、
録音時には深海素潜りダイバーのように気分を落ち着けて、
まさに歌詞の「沈んでゆくだけ」のような静かな心持ちで吹きましたw
今のところ動画に「苦しそう」というようなコメは
いただいていないので、なんとか曲に合った
静かな雰囲気の音色をキープできたかと安心していますww

それでは、ここまで読んでいただいてありがとうございましたー!
posted by 風地 at 01:17| Comment(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。